トップページ | 2005年1月 »

2004/12/28

ミクリ。

年内無理か、と思われていたメガネが今日出来上がりました!

「アラン・ミクリ A0344-13」です。

ウルトラマンカラーで、もう皆々様から「セブンだ!セブンだ!」と言われ……。う……いいじゃん!気に入ってるんだもん!だって買っちゃったんだも……!

女子の皆さんには「似合う似合う、かわいい……(?)」となんつか慰めっぽいお言葉を頂き……うん、一人の人には思いっきり笑われたよ…いいんだ。遊びメガネだもん…(それで仕事する気満々ですが)

鼻はモリモリ盛られてます。盛られすぎじゃ…つーくらい盛られてた…なんか、ありがとう……(丁度いいけど微妙)(つかこれで丁度いいのが微妙)

身内には「びびる大木」と言われまして。

うん、最近年末特番で見る機会が多いから薄々気になってはいたんだ…びびる大木って意外と高いメガネかけてるよ。「テオ」とか「ミクリ」とか…(引っ張るところはそこじゃない)やばいな、とは思ってたんだよ、なんか似たような、つかぶっちゃけあれミクリのだよな、とか思ったんだけどね…。気が付いたのはもう鼻盛りへ出発した後だったんだも!!(フレームが)

年末特番で大木出すなら12月頭から出していてくださ……。

さすがに高いだけあって、丁番はバネ丁番だし(これは大変使い勝手が良い)レンズもフレーム内に収まってくれて(そりゃ一応いっこいいレンズにしたから)やっぱりデザインが違いました。

うーん、高いのも安いのも変わらないって言われちゃうと困るんだけど、高い物には高いなりの理由があって。やっぱりディテールが違うのです。ちょっとした角度、ちょっとした素材、ちょっとした触感。

それはあらゆる物にも言える事だと。家具でも最近は所謂デザイナーズ家具と言われるン十万する椅子の真似ッこ椅子がそれこそ1/10の価格で売られているけれど、やはりそれはそれだけの価値しかなくて。
本物を知らない人はそれでも納得するんでしょうが、それはデザイナーの本意どころか業者の思惑通り、つかぶっちゃけそりゃダメだろうつーか。だまされている、とは言わないですが、やはり物にはそれ相応の値段がついているんだな、と再確認。

中にはぼったくろうとしてるメーカーとか業者とかいるかもしれないけど、こだわり持ってるメーカーほど値段は相応ではないでしょうか。プライド捨てて造ってる真似ッこ買うより、有名じゃないけど真剣に造ってるものを買おうと思う今日この頃。

つー訳で、ミクリのフレーム大事にしまーす。念がこもってそうだもの…ハンドメイド(って書いてあった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/17

キター!!

キタ!!キタキタ!!納品3ヶ月。遠い北欧はデンマークから来ましたよ!
うんもうあんまり遅いつか途中経過がなんにもわかんなかったから海賊に襲われて海の藻屑になったかと……。

「Labofa EGO S80(ハイバック)」(企業公式サイトはこちら→http://www.stjernegruppen.dk/mobler/labofa.html)(ちなみに英語なのかよくわかりません。デンマークつーたらデンマーク語?……はて?)

前傾姿勢がとれるニクイヤツ!これで背筋もすっきりだ!ハイバックって初めてだったので、どんなもんかと思ったけれど、いいね、ハイバック。大層座り心地がよいです。

写真がアンダーでちょっとあれなんだけどまあ、それもヨシ!(よくねぇよ)

張り地もブルーグレーで適度にオフィシャルな感じ。なんつーかグラファイトのMyMacG4とお揃いです。うふふ。

一通り配達してくれたショップのお兄さんに説明を受けたけど、お兄さんも納品したのは初めてだったようで、取り説がまったく読めないので、二人してあたふたしました。壊れないようにちょろちょろ使いながら使い方を覚えていきたいと思います〜。

アーロンがどちらかと言えばぽっちゃりした丸っこい印象で、こっちはすらっとした印象。直線と曲線の違いですね、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/01

建築探訪。

暇があったら行きたい場所はてんこ盛り。色々行きたいけれど、そんな時間はとれそうもないなあ……。
旅行なんてここ数年行ってな……(涙)

のんびり建物探訪でもしたいのに…。京都もいいな…うん、神戸とかも。ああ、でもやっぱり行くなら東京かしらん?首都だし…(笑)

つー訳で脳内トリップするために、書棚から引っ張り出した「建築MAP東京」
いかんせん、古い。もう何年前だ…ええっと、と、とりあえずまだ10年いってない筈だけど…。
東京なんて日々変化する街にこんな古い本対応できる訳ないよなぁ…。

とか思っていたら、ありました。アマゾンに。「建築MAP東京(改訂版)」「建築MAP東京2」

すげー、やっぱりあったんだ!!さすがTOTO出版、わかってらっさる!!(当然)
個人住宅から公共建築まで網羅するすごいヤツ!

つか私、これで東京の街がどうなってるか知りました。
え?赤坂、六本木、新宿って何処にあるの…?へ、へえ、んでこれって近いの?(※当時)

これ持って路線確認したりしてた当時の私の無知具合が知れ渡る、という(阿呆)

本に載ってるとすごいわかりやすいんですが、大都会東京、うっかり通り過ぎた建物もいくつか。
だってみんなビルに見えるんだも……!写真の撮り方うまいんだも…!!(そらプロだからです)

持っている初版は愛して止まないグラフィックデザイナー秋田寛氏の装丁・監修で当時秋田氏の下で働いていた小平氏がデザインしただけあって、グラフィック的にもすばらしいの一言!つか好きだ!この本!

また、本を片手に建物探訪しに行きたいなぁ……(遠い目)(そして迷子になる、という…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年1月 »