« ゲロルシュタイナー! | トップページ | ツール・ド・八ヶ岳2007レポ温泉編 »

2007/04/16

ツール・ド・八ヶ岳2007レポ

行ってきました。ツール・ド・八ヶ岳!

夜発翌日帰りの行程だったので、行くまで眠くて大変でした。ナビ装備のレジアスエースがやっとトランポとしての実力を発揮する事ができました。こういう時のレジアスエース!
今回は3人3台の移動でしたので、もうラクラク。立てたまま、ホイールも外す事なく余裕の積載。トランポには絶対にレジアスエースです(断言)


現地は寒そうなので、車中泊用に毛布を積み込みます。これがなかったら寝られません!

一緒に行く人と合流して、3台3人×車2台で八千穂高原スキー場に向けて出発!

なんとか迷わずに6時間くらいで現地到着。八千穂高原スキー場の駐車場に車を泊めました。

まだ真っ暗な中、外に出て見てびっくり!星がいっぱい!!空が星で埋め尽くされてます!

こんなにたくさんの星を見たのは初めてでした。
しばらく眺めていたのですが、寒さと眠気に負けて、車内に戻り。朝まで寝ちゃいました。余裕があるので、寝るのもラクラク。


んで、目が覚めると……。








こんな景色が!!

これが世に言う「雲海」ですか?!あんまりうまく撮れませんでしたが、ものっそキレイ!!

こんな朝焼けを目の前に、朝ごはん食べてたり、機材のチェックをして、受付時間までのんびりツール・ド・フランス2006 スペシャルBOX のDVDを見てイメージトレーニング。テンション高めていきます。

当日受付の場所がスタート付近だったので、もう仲間の車でまとめて受付しに行ってもらいました。

今回、受付ハガキはちょっと不親切で、ハガキに載ってる地図はイマイチよくわからず。しかも、前日受付はスキー場のレストハウスでできたのに、当日はスタート地点で受付というのもちょっと…。当日もレストハウスで受付できればラクだったのですが…。

受付を済ませてもらうと、チップの取り付けやゼッケンの取り付け。
今回は無事にチップも取り付けできて過去記事内灘レポ参照ほっと安心。

してたら、スタート時間になっちゃうよッ!!と慌てて荷物をまとめてダーっとスタートまで下ります。

ゴールまで防寒具を運んでくれる荷物車が発車寸前でした。おわわわッ間に合ってよかった〜。ちなみに防寒具は「スキーウェア」「ナイロンパンツ」「耳あて」です。




そんなこんなのドタバタっぷりも喉元過ぎればなんとやら、のスタート前です。一緒した人たちはみんな先にスタートしたカテゴリーだったので、やひこがラストスタート。

みんな頑張れ〜、と思いつつも、寒いので膝がガクガクしてきます。

カテゴリーごと、3分間隔スタートで、あっと言う間にスタートになっちゃいました。

女子はまとめてスタートだったので、エリートの人たちはドンドン見えなくなっていきます。うええ…速い。

最初からついていけるとは思っていないので、自分のペースでいきなり最後の1枚を使って上ります。なぜか脚が辛い。回らない。ムリせず回転を意識して上っていきます。

沿道の声援が嬉しい!

ところどころで早くも「8%」の標識がお出迎え。走り始めて30分もしないうちに歩いている人もチラホラ。うええ……先が怖いなあ。

そうこうしているうちに身体が温まってきたのか、脚が回るようになった気が。それでも50〜70回転の間です。ギアは最後の1枚から2枚目あたりをウロウロするだけ。


空気は冷たくて、呼吸が苦しい。辛い辛い辛い(涙)


歩いている人を見ると「あ〜、脚ついちゃおっかな…」と悪魔のささやきが聞こえます。こうなってくると、脳内劇場が始まります。

デビルやひこ「オイ、歩いている人だっているゼ?オマエも歩いちゃえよ。苦しいんだろ?」
エンジェルやひこ「ここまで頑張って上ってきたのに、止まったらそれがムダになるぞ!ガンバレ、ガンバレ!!」
デビルやひこ「誰も見てないし、別に歩いたって怒られる訳じゃないだろ?」
エンジェルやひこ「自分に勝つんだッ!パリジェンヌさんだって頑張ってるんだぞッ」


もうこんな感じです。


だんだん調子が上がってきて、ちょっとした下りや平坦なところはアウターで踏めました。

「おッこれは、もっといけるんじゃない?!」

と、思ったのは気のせい……でした。

スキー場の駐車場を過ぎると、残り10kmくらいなんですが、とたんに脚が回らなくなり。オシリの筋肉が痛くなってきて、ギアを落としてもツリそうに…。

ダンシングを混ぜて、ごまかしながらなんとか上ります。残りの距離を計算しますが、まったく減りません…。

歩いている人を見ても、もうデビルやひこすら出てきません。

そのうち、下ってくる人がちらほら。
「おッ?!これはもうゴールがすぐそこ?!」

距離計はまだ22kmくらいを表示していますが、そんな事は気にしない。もうじきゴールだ!と言い聞かせて、なんとかペダルを踏み込みます。

5mシッティングで5mダンシングという、もうホントになんとか上る、ただそれだけです。


カーブを曲がると、視界に人が増えてきて、駐車場みたいなところもあるし、進路上に係員らしき人も見えてきました。先にゴールした仲間たちの姿も見えます!

へたくそなダンシングなんか見せられません!余裕のシッティングでゴールせねば!
気持ちを奮い立たせ(※でもオシリの筋肉は痛い)シッティング。

「がんばれ〜、がんばれ〜」

声援が嬉しい(照)

よ〜し、あと50mくらいがんばっちゃうよ〜!顔は余裕の照れ笑い。

「がんばれッ!あと500!!」

え?!500?!うそんッ!!

ゴールかと思ったところは下りの待機所だった模様です…。ゴールはあとカーブを3個ほど上ったところでした…。

うええええ……やってやるッ!


ゴール!!



燃え尽きたよ…燃え尽きたよ…。そして使い切ったよ。オシリの筋肉を…。もうムリ。もうペダルなんか踏めない…。

こうしてやひこの「ツール・ド・八ヶ岳」は幕を閉じたのでした。


リザルトと温泉編は明日です…。





ひっぱるの……?!

---------------------------------------

人気blogランキングへ…ぽちっとな

|

« ゲロルシュタイナー! | トップページ | ツール・ド・八ヶ岳2007レポ温泉編 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車(ロード)」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでしたぁ~~~!
ナイスライド!! グッドレポート!!!

うまぁく、ヒルクラの辛さが伝わってきました。
もう読んでる私までおしりの筋肉がぷるぷるして来ちゃいましたよぉ(笑)

温泉レポも楽しみぃ!
私のおしりの筋肉もほぐれるようなレポートをお願いしまぁす(^。^)

投稿: はせごん | 2007/04/16 23:53

ありがとうございます!きつかったです~。

踏むたびにオシリの筋肉が使われてるのがわかるくらい痛かったです…。

でも走り応えもあり、沿道の温かい声援もありがたかったです~。

温泉編お楽しみ(?)に!

投稿: やひこ | 2007/04/17 06:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67329/14704112

この記事へのトラックバック一覧です: ツール・ド・八ヶ岳2007レポ:

« ゲロルシュタイナー! | トップページ | ツール・ド・八ヶ岳2007レポ温泉編 »