« ジテツウダイエット(62週目) | トップページ | 3本ローラーdeペダリング矯正! »

2007/11/26

ペダリングを考える。

土曜日はきっちり朝練に参加したのですが、日曜日はどうにもぐったりしてしまい、練習お休みしました。乗りたいんですけど、身体がだるい…。悪い傾向です。

よく、「休むのも勇気!」と言いますが、なんだかダメ人間になったようで、自分の中で居心地が悪いです。例えペースが遅くてもやっぱり乗らないとダメみたいです。

土曜日はジャイアントのTCRアドヴァンスSE(残念ながら写真はありません)をお借りして練習してみました。スラム・ライバルを搭載した試乗車です。

フレームの上部がカーボン、下部がアルミというトレック傘下になってしまったレモンと同じ設計思想を持ったフレーム(確か、レモンの方が市販化は先です)

▼コチラ。

試乗車なので、ハンドル幅は合いませんでしたが、ジャイアントのスローピングはとても乗りやすい!ちびっこやひこでもかっこよくシートピラーが出せます!

踏み始めは、アルミのカッチリとした感じがして、ぐっと前に出ます。路面の段差や不快な振動は、上部のカーボンがきっちり吸収。

ストレートフォークは、ダンシングではバイクを振らずに押さえ込むようにして、まっすぐ踏み込むとぐぐっと進みます!

フレームによってここまで乗り方が変わるのか!と目からウロコでした。

カノーヴァは振動吸収性に優れ、とても乗りやすいのですが、ウィップをうまく使わないと進まないのが難点。ある程度重いギアをトルクを少しかけながら乗るバイク。
回転系のペダリングをする方は、きちんと踏み込こさないとバイクの味がなかなかでません。踏み越せるようになるとウィップをきちんと感じる事ができ、進むようになります。ダンシング時は、腕をまっすぐ固定し、軽くバイクを振って走ると、クンックンッと前に進みます。

対してジャイアントのTCRはきちんと3時で踏み込めば、後は惰性のペダリングでスムーズに回せば大丈夫な感じ。アルミのカッチリとした踏み味と、カーボンの振動吸収性を存分に発揮し、滑るような加速をするフレームです。

スラム・ライバルは最初はシフト操作にとまどいますが、気が付くと大丈夫に。変速の時に少しチェーンが暴れましたが、とてもやりやすくていい感じでした。もう少し熟成が必要です。
いろいろなところで話題になっていたブレーキも初動はシマノ、後半はカンパのような感じ。最初にリムに当たった時点でガツンッと効きます。これは好みがわかれるところですが、やひこ的にはグー!

ジャイアントというと一昔前は、お買い得感のあるブランドでしたが、ところがどっこい、最近のトップモデルはヨーロッパの老舗メーカーと同じような価格設定です。ブランド力も付いてきましたし、もちろん技術力は折り紙付き。

そろそろ本気でジャイアントというメーカーがおもしろくなってきました。あとはどこまで開発に力を注げるか、ですね。

フレームによって乗り方が変わります。また、個人個人によっても感じ方は様々です。人間がエンジンの自転車を乗り比べるのはとても楽しいです。

ここ数週間で試したマヴィックR-sysや今回のTCRに乗って感じた事は、「パーツ同士にも相性があり、乗り手との相性も大事」という事です。
ペダリング自体もどこで踏み込むのかで、かなり変わってきます。最近やひこはペダリングがうまく回せていなかったので、そろそろこの間乗れるようになった3本ローラーに乗ってペダリングを見直したい、と思います。

今月の

には、ペダリングのお話とスキルシマノの選手のポジションが乗っていたので参考にしたい、と思います。狩野選手みたいに回転型で走りたいのです!



---------------------------------------

人気blogランキングへ…ぽちっとな

|

« ジテツウダイエット(62週目) | トップページ | 3本ローラーdeペダリング矯正! »

ジテツウ」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

自転車(ロード)」カテゴリの記事

自転車(全般)」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67329/17199456

この記事へのトラックバック一覧です: ペダリングを考える。:

« ジテツウダイエット(62週目) | トップページ | 3本ローラーdeペダリング矯正! »