« 久々、コソ練「初ぽんちゃん」 | トップページ | KHS F20-Rプチカスタム。 »

2009/11/11

ドイツブランドと言えば…。

信頼のドイツブランド。

やひこ的にはドイツと言えばメルセデス・ベンツだったりアウディだったりビールだったりソーセージだったりバイエルンミュンヘンだったりドルトムントだったり(後半はサッカーだ…)

最近ではやっぱりコラテックだったりフォーカスだったりする訳ですが。いかんせん偏った半端な知識しかなく。

コンチネンタルがドイツ本拠地のメーカーだとつい先日知ったのはご愛嬌(あらゆる意味で大問題だった)

大問題ついでにやひこのロードバイク用タイヤの遍歴からすると、ヴィットリア→ミシュラン→ヴィットリア→ミシュランで、コンチネンタルのタイヤを使ったコトがなかった訳で…(これもこれで問題になった)


コンチネンタル グランプリ 4000を使用するコトに。


コンチネンタルを選ばなかった理由としては、発色が悪い、というのが第一理由だったんですが。

コンチネンタルのタイヤの発色の悪さは、コンパウンドの粒子が細かくて色の粒子を奥まで入れて退色性も追求しているから、というのが理由なんだそうな。

赤とか青とか黄色とか、ヴィットリアに比べるとくすんで見えるのはそのためですか、そうですか。

さっそく、オペラ・カノーヴァに装着。


※限定のホワイトリミテッドエディション。

このホワイトリミテッドエディションだけは、普通に発色していてカッコイイ!!
耐久性には自信があるそうなので、コイツは期待してますよ!


コンチネンタル グランプリ 4000を装備したオペラ・カノーヴァの全体像は…。

▼コチラ。


※ぐっとオシャレな印象に。最近はサイクリングとジテツウにしか使っていないカノーヴァ。

明らかに使用用途からするとオーバースペックなんですが、「良いタイヤは良いホイールに匹敵する」との信条から、コレ以下のグレードのモノはなかなか使えないへたれっこやひこ。

ヴィットリア ルビノ PRO2を使用した際に「重すぎてカノーヴァをぶん投げそうになった」という話はもはや伝説。


カノーヴァのせいじゃないのにとばっちりです。むしろぶん投げられそうなのはやひこ自身。


使用してみた感じは、ミシュランとヴィットリアの中間のような乗り心地。ヴィットリアより柔らかく、ミシュランよりカラッとしています。スピードの乗りも良いくコイツは当たり!


おしいのはこのホワイトリミテッドエディションがホントに限定だというコト。
ドイツなだけに売れたから定番商品に、というコトにはならなさそうなのが残念。このホワイトが定番だったら、カノーヴァのタイヤはしばらくコレ以外浮気しなくて良さそうなのに…。

---------------------------------------

人気blogランキングへ…ぽちっとな




|

« 久々、コソ練「初ぽんちゃん」 | トップページ | KHS F20-Rプチカスタム。 »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車なmono」カテゴリの記事

自転車(ロード)」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67329/46733706

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツブランドと言えば…。:

« 久々、コソ練「初ぽんちゃん」 | トップページ | KHS F20-Rプチカスタム。 »